群書類従(ぐんしょるいじゅう)

 

 

 群書類従(ぐんしょるいじゅう)編纂(へんさん)事業は和学講談所で進められ、何冊もの写本(しゃほん)の内容を
比較
吟味(ぎんみ)し、屋代弘賢(やしろひろかた)・中山信名(のぶな)・横田茂語(しげつぐ)・松岡辰方(ときかた)など多くの門人
によって行
われ、41年の歳月を経て、亡くなる2年前の74歳のとき
に完成しました。

 

 群書類従には、古代から江戸時代初期までに刊行された史書や文学作
品が収録されています。
 当時の書物は手書きの写本だったため、古書の散逸(さんいつ)危惧(きぐ)た塙先生
が多くの人々の協力により桜の版木に彫刻して出版したものです。

 群書類従の収録文献数は1,277種で、25部門に分類して総冊数
665冊、目録1冊の合計666冊からなります。
 版木枚数は17,244枚で、両面に彫られているため約3万4千頁
になります。
 昭和32年に国の重要文化財に指定されました。

 群書類従の出版部数は、江戸時代から今日まで、およそ70万冊を超
え、和本、活字本のほかCD-ROM版やインターネット版が登場し、
多くの研究者に利用されています。

 

 現在でも、渋谷区にある温故学会が群書類従の版木を保管し、摺立(すりた)
出版しています。

 

 群書類従の版木の彫刻料だけでも、総額5,619両3分を要したと
いわれ、この刊行は巨額の費用を伴う事業であり、幕府の援助や豪商の
鴻池らの助力を得たものの、「世のため(のち)の為に」という信念のもと、
塙先生が
個人で莫大な借金をして完成させました。