業績 

   

 塙保己一先生は“世の中の人々のため、後の世の人々のため”役立つように、と世の中に
知識を広める情報公開のさきがけともいうべき群書
類従の編纂のほか、国学(日本の古典を
研究し、日本独自の文化・思想を探求する学問)の研究拠点となる和学講談所を設立し国学
の進展に努めました。このほか、塙先生の業績によるものと
して、次のようなものもあります。

◎小笠原諸島の帰属(きぞく)(めぐ)り、領有を主張する外国に対し、江戸幕府は和学講談所に調査を命
じ、小笠原島の裁判記録が残されていたことが大きな要件となり、明治になって日本の領土
に確定したといわれています。
 この資料は、後に「続々群書類従」に収録されています。


 ◎熊谷市出身の荻野吟子(おぎのぎんこ)は、医師をめざしましたが、明治初期には女性医師の前例が無いと
門戸を閉ざされていました。しかし、塙先生 が出版した「令義解(りょうのぎげ)(養老令の官製注釈書(ちゅうしゃくしょ))」
の「医疾令(いしつりょう)」の中に
「女医」の記述があり、近代日本で最初の女性医師となりました。

 

聾唖(もうろうあ)の三重苦という重い障害を背負いながらも世界各地を歴訪し、身体障害者の教育・
福祉に尽くし、世界的な偉人として讃えられる ヘレン・ケラーは、塙保己一先生を人生の目
標としました。
(盲:目 が見えない、聾:耳が聞こえない、唖:話せない)