総検校塙保己一先生遺徳顕彰会会則

 

(名称)

第1条 本会は、総検校塙保己一先生遺徳顕彰会(以下、「顕彰会」という。)
 と称する。

(目的)

第2条    顕彰会は、総検校塙保己一先生(以下、「塙先生」という。)の遺徳及

 びその事 績を顕彰するとともに、塙先生の精神を普及し、もってすべての人

 が住みよい地域づ くりと文化の向上発展を目指すことを目的とする。

(事業)

第3条 顕彰会は、前条の目的達成のため、次の事業を行う。

(1)塙先生の遺徳顕彰に関する活動の企画、立案

(2)塙先生の事績の顕揚に関する研修とその促進

(3)塙先生の精神の普及

(4)関係団体及び行政機関との連絡調整

(5)その他目的達成のため必要な事業

(組織)

第3条    顕彰会は、塙先生の遺徳とその事績顕揚推進の趣旨に賛同する個人及び

 団体をもって構成する。

(役員)

第5条 顕彰会に次の役員を置く。

(1)会 長   1 名

(2)副会長   若干名

(3)理 事   若干名

(4)事業部会長 若干名

(5)監 事   2 名

2 役員は、総会において選任する。

3 役員の任期は2年とし、就任後2年目の総会までとする。ただし再任を妨

 げない。

4 補欠のため選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。

(役員の職務)

第6条 役員の職務は、次のとおりとする。

(1)会長は、会務を統括し、顕彰会を代表する。

(2)副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。

(3)理事は、顕彰会の会務の運営に参画するとともに必要な事項を審議し決

 定する。

(4)監事は、会計を監査する。

(顧問)

第7条 顕彰会に顧問を置くことができる。

2 顧問は、塙先生の顕彰事業に特別な功労があった方、顕彰会の運営に特別

 な指導を いただく方から選出するものとし、会長が委嘱する。

(特別会員)

第8条 顕彰会に特別会員を置くことができる。

2 特別会員は、塙先生の事績顕彰、研究又は障害者福祉の推進等に特別の寄

 与がある 個人又は団体から選出し、顕彰会に必要な指導と助言をいただく

 とともに、塙先生の精神普及のため連携するものとする。

3 特別会員は、役員会で選出し、会長が委嘱する。

4 特別会員は、総会、役員会、その他の顕彰会事業に参加できるものとする。

5 特別会員は、会費の支払を要しないものとする。

(事業委員)

第9条 塙先生の顕彰事業の推進のため、必要な数の事業委員を置くことがで

 きる。

2 事業委員は、塙先生の事績顕彰を推進する事業を企画し、運営実施する。

3 事業委員は、役員会で選出し、会長が委嘱する。

(会議)

第10条 会議は総会及び役員会とし、役員会は会長、副会長、理事、監事及

 び事業部 会長をもって構成する。会議は、会長が召集し議長となる。

2 総会は、次の事項を審議し、決定する。

(1)会則の制定、改正及び廃止に関すること

(2)事業報告及び収支決算の承認に関すること

(3)事業計画及び予算の決定に関すること

(4)役員の選任に関すること

(5)その他顕彰会の運営にかかる重要事項に関すること

3 総会の議決は、出席者の過半数をもって決し、可否同数の場合は議長の決

 するところによる。

4 役員会は、次の事項を審議し決定する。

(1)諸規程の制定及び改廃に関すること

(2)緊急に処理を要する事項に関すること

(3)総会提案事項に関すること

(4)その他必要と認められる事項に関すること

5 役員会は、前項第2号の事項を処理したときは、次の総会において報告し

 なければならない。

6 役員会の議決は前第3項を準用する。

(事業部会)

第11条 塙先生の顕彰事業を実施するため、事業部会を置くことができる。

2 事業部会は、必要な事業ごとに複数設置することができるものとする。

3 事業部会は、事業委員で構成し、その他必要な場合は会員又は会員以外か

 ら構成員を会長が選出することができる。

4 事業部会ごとに部会長を置くものとし、事業部会長は役員会に出席できる

 ものとする。

5 当分の間、以下の事業部会を置くものとする。

(1)広報普及部会

(2)事業企画部会

(委員会)

第12条 塙先生の顕彰事業を推進するため、必要に応じて委員会を置くこと

 ができる。

2 委員会は顕彰を推進する特別な事業を担当する。

3 委員会の委員は会員から選出し、その他必要な場合は会員以外からの委員

 を会長が選出することができる。

4 委員会の組織、その他委員会に関して必要な事項は会長が別に定める。

(会計及び財政運営)

第13条 本会の会計及び財政運営は、個人会員、賛助会員(団体)からの会

 費及び行 政、企業、団体、個人からの寄附金、補助金等の収入をもってあ

 てる。

2 個人会員の会費は、年間一口1,000円以上とする。(ただし、千円単位)

3 賛助会員(団体)の会費は、年間一口10,000円以上とする。(ただし、

 万円単位。)

(会計年度)

第14条 顕彰会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日を

 もって終わる。

(事務局)

第15条 顕彰会の事務を処理するため、本庄市に事務局をおく。

(委任)

第16条 この会則に規定するもののほか顕彰会に関し必要な事項は、会長が

 定める。

 

附 則

 この会則は、平成19年7月26日から施行する。

 「総検校塙保己一先生遺徳顕彰会設立委員会」が平成19年度中に収入・支

 出した 金額は、顕彰会の平成19年度会計に含めるものとする。

この会則は、平成23年5月21日から施行する。