和学講談所(わがくこうだんじょ)



 1793年(寛政(かんせい)5年)、国学者(はなわ)保己一(ほきいち)先生は、幕府の援助をうけて和学講談所
を開設しました。
 和学講談所は塙先生の私塾として出発し、後に幕府経営の学校となりましたが、教育
機関と調査機関の2つの機能を 持っていました。
 なお、この写真の標柱等は、現在は撤去されています。

 和学講談所の修史事業は、東京大学史料編纂(へんさん)所に引き継がれています。